スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

最新の投稿

俺ミュージシャンだったんだよね

およそ10年前、日本でバンドをやっていたものの泣かず飛ばず、スタジオミュージシャン的に仕事をもらってギターで飯が食えていた時期もあるものの内容があまりにつまらないので一年経たずにやめて音楽活動していたんですが、やるかたない不満を抱えてどうにもならず、じゃあアメリカの音楽ばかり聴いているんだから、アメリカに行ってみよう、と思い立ってアメリカはワシントン州、シアトルに遊びに行きました。



 正式にビザを取っての留学とかなんとかではなく、ビザなしで遊びに行っただけなのですが、とりあえず長期でいないと始まらないだろうとビザなし滞在で許される3ヶ月フルに遊び倒しました。

 現地で知り合ったあんちゃんの家に居候させてもらったりと、周りの人に迷惑をかけっぱなしでしたが、現地で得た最大の教訓は、「自分がやっていることがきちんと評価される場にいないとどれだけ頑張っても意味がない」というもの。

 それは日本で評価されるどころか、音楽や楽器の演奏に対して共通の言語が見つからなかったのに、アメリカに行ってみたらいきなり通じてしまった上に思い切り評価されてしまったという体験から来たもの。

 今は写真をやっていて、同じように技術を人生の核に据えた生活を送っているわけですが、音楽をやっていた頃に得た経験からYoutubeを始めたりした部分は大きのであります。フェアネス基準で技術を論じて、拾い上げられるべきものが拾い上げられる環境を自分の周りだけでも作りたいなあ、です。


日本でギター  中学3年生の頃からギターを弾き始め、シアトルに初めて行ってみた時点で10年オーバー。
 10年間も狂ったように毎日6~8時間も休みなくギターを弾いて人生に他のものなどない、という暮らしをしているとあれこれ見えてくるもので、職人世界と同じようにギターと自分の間に小宇宙が形成されて、毎日そこを泳ぎ回る感覚に慣れ親しむわけですが、さてそれを対外的に評価してもらおうと持ち出してみたところで、日本はなかなか難しい場所なんであります。
 聴く奴の耳が悪いから俺が売れないんだ! というのは市場を作れなかった人間の泣き言なので聞く必要はないと思うのですが、つまり自分が評価されるような場を作るか、評価されるような場を選んで自ら飛び込んで行く度胸のある人間しか評価を受けることはできない、というのがあれこれ見聞きして40歳を過ぎた現在…

最新の投稿

フィルム撮りたのしい Fuji Pro 400H

改めての自己紹介とアウトプットもっとしないとな話

2019年第3Qのワークショップ

撮りたい VS 撮られたい

今後このブログどうするか

2019年・第2Qのワークショップ、セミナー、レッスン

2019年・第1Q・レッスン詳細

2019年・第1Q・ワークショップ&セミナー詳細

2019年第1クオーターあたり開催のワークショップ、レッスン予定

2018年11月17日・18日に夜景ワークショップやりますぞ