EOS RおよびRPでコシナZEレンズを使うと勝手に絞られてしまう問題(FW1.4.0および1.2.0)

※追記 ブログ投稿の翌日2019/09/27にEOS RPの最新FWが1.3.0であることを知りました。更新して変化があった場合はさらに追記します。
※追記2 EOS RP FW1.3.0でも変わらず!

 こんにちは。

 先日、天気の良い日にEOS Rにコシナ製Zeissレンズ、Distagon T*2/35 ZEをくっつけて近所をスナップしていたところ、撮影前の時点でえらく絞り込まれていることに気づきました。

勝手に絞り込み(測光)になっている

たとえばAvモードで絞りをF2.0の開放に設定していたとします。

 カメラが開放測光のカメラであればF2.0の視界を見せてくれますし、アダプター越しにヤシコンレンズを付けたときのように絞り込み測光の場合も、絞り込んでいないのですから同じくF2.0の視界でファインダー越しに見られるはずです。

 ところが、カメラの前面からレンズを覗き込んでみると、ちょっと絞られているんです。

 あれこれ試してみたところ、カメラのセンサーに強い光が入ってダメージを与えないように、一定以上のEVを超えるとカメラが自動的に絞りを制御し、絞ってしまうようです。
 そこそこ明るいところでF4.0、もっと明るいところでF8.0かそこら程度に絞り込み、もっと明るいところではF16あたりかな、という風に段階的に制御しているようです。

 Mモードでは、実際にレンズ越しに入ってくる光の量ではなく、設定した露出値が一定のEVを超えるとセンサーへのダメージを考慮して自動的に絞る設計になっているようでして、ISO100、F13、1/125sあたりでいち段階絞られるのを確認しています。

 ちなみにRF35mmで同じことをやってみたら、段階的ではなくもっと詳細に絞りを制御してセンサーへの光のダメージを避けているようでした。カメラの健康のため、および免責のためと考えれば賢い選択なのですが、MFをしようと思うと悪夢です。

検証の条件

 この時点で簡単な検証を開始しまして、カメラはEOS RとRP、ファームウェアは条件を揃えるために2019/09/26の時点で最新のもの(Rが1.4.0、RPが1.2.0)です。

 EF→RFのアダプターはリング付きのものとリングなしのものを所有しているので両方試しておりますが、特に違いはないようです。

 レンズはDistagon T*2/35 ZEとMakro-Planar T* 2/50 ZEで主にテストしております。Milvusシリーズはテストしておりません。

悪夢

どう悪夢かというと、F2.0の絞り開放で撮影しようと思っていても、F2.0ではなくF4.0相当の視界でMFすることになります。より厚い被写界深度でピントを合わせ、しかる後にピントを開けて撮影するのですから、MFは簡単に外れます。

 これはどこかしらのボタンに被写界深度確認を割り当てれば回避できるのですが、設定F値が小さいものであれば、MF時により浅い被写界深度でMFできるものの、絞り込んだ撮影の時は、たとえばF4相当でMFしてF11で撮影というように、可能といえば可能なんだけどピントの山が見づらいので非効率的になってしまいます。

 つまり、ユーザー側が対策として出来ることがほとんどありません。

 これはAFで撮っている際も、一眼レフ時代からのユーザーであれば、可能な限り浅い被写界深度でピントの山を確認しながら撮る感覚が身に着いてしまっていると思うのですが、絞った視界で見ながら撮ることになり、あまり精神衛生上よろしくありません。

 AFの精度が信頼に足ると仮定するなら慣れの問題かもしれませんが、EFレンズでも検証してみたところ、同じように自動的に絞り込まれました。高照度下、マクロレンズでMFというのは想定になかったのでしょうか? もしくはRFのレンズに関してはそういった回避機構が組み込まれているのかもしれませんが、検証範囲内では観測不可でした。

FWアップ待った方が良いかも

 わたくしYoutubeをやっておりまして、当初RはFW1.3.0、RPはFW1.1.0でテストしており、RPのFvモードとPモード以外では勝手に絞られないのを確認しておりました。

 Rについては、ちょちょっと試しただけでOK! と甘い検証で「勝手に絞られちゃうときはFvモードとPモードをやめればOK」と動画を流してしまいまして、のちにRではFW1.3.0で全モード勝手に絞られてしまうことを確認し、即座に動画の公開を取りやめました。ご覧になってしまった方には半端な情報を投げてしまいましたこと、陳謝いたします。

 動画制作時点の検証ではEOS RPのFW1.1.0でして、このブログを書いている今日、FW1.2.0にアップデートしましたところ、全モードで勝手に絞られてしまう問題を確認しています。

 ですから、もしEOS RPでZEレンズをお使いの方がいらしたら、MFでの快適性を優先するのであればFWアップデートは待った方が良いかもしれません。

 この内容、また後ほどYoutubeにアップしようと思っていますが、まずはブログにて。

人気の投稿